パートで働くということになると、固定のシフトになってきます。

パートで働くには、固定のシフトになります。

パートで働くには、固定のシフトになります。

パートで働くには、固定のシフトになります。 パートで働くということになると、固定のシフトになってきます。いつでもいい時間というのではないです。これは面接のときに、きちんと話して決まる内容です。週にどれくらい働くのかということと、そして、一か月の休みというのも決まります。その休みの範囲でシフトを調整しながら働いていくということになります。

ほぼ固定の曜日で働く人も多くいます。時間も長い人なら8時間労働ということになります。短時間のイメージの強いパートですが、長時間の労働も約束されてきます。そうなると、保険や年金といったものも加入ということになります。こういう社会保障が充実しているのもこの仕事の特徴です。会社によって、加入するところもあれば、そうでないところもあります。

会社の規模というのもここに影響してきます。8時間労働で、週に5日働くという人も多くいます。正社員とほぼ同じような労働時間となってきます。それでも、大きい責任は負う必要はないです。ここがパートと社員の違いです。給料という面でも違ってきます。時給での給料になるのがパートですが、社員は固定給になってきます。ここは大きく違うところです。長時間と短時間を選ぶこともできる便利さがあります。